ホームページ > 社員日記
メニュー
 
社員日記 過去ログ
 
社員日記

物流センター北側駐車場と西南の役戦没者慰霊碑

2014年2月17日(月曜日) @ 17時10分16秒

山田グループ物流センターの北側に駐車場が完成いたしました。
物流センター北側駐車場と西南の役戦没者慰霊碑
入口から見た写真

物流センター北側駐車場と西南の役戦没者慰霊碑
こんな感じの東側入口も出来ました。

この駐車場の土地に付いてきたものがあります。

物流センター北側駐車場と西南の役戦没者慰霊碑
これです
『西南の役史跡 河原林少尉戦死の地』

河原林という人の死は、
乃木希典(大将・将軍)の為人、死に影響を与え
その後の日本陸軍(旧日本軍)の防衛方針にまで
影響を与えてしまった・・・かもしれない。

大事な日本の史跡です。

弊社で、階段(写真左)を設置いたしました。

物流センター北側駐車場と西南の役戦没者慰霊碑
階段を登ると、墓所があります。

物流センター北側駐車場と西南の役戦没者慰霊碑

駐車場から見るとこんな感じ。
大きな木の下に碑があります。

ただ、郷土史家によりますと、
河原林少尉が亡くなったのはここではない、という説があるそうです。

司馬遼太郎の『坂の上の雲』『殉死』
池波正太郎の『将軍』
など読み物としては面白いものがありますが、
史実はどうだったかわかりません。

ただこの周りには無縁仏の墓地があちこちにありまして
物流センター北側駐車場と西南の役戦没者慰霊碑
物流センター北側駐車場と西南の役戦没者慰霊碑
この土地のすぐそばにも地籍上の墓地がありました。

が、いつのまにか墓石が撤去されてしまっていて
弊社、社長ともども対応を考えたのですが、
物流センター北側駐車場と西南の役戦没者慰霊碑
西南の役戦没者慰霊碑を建立いたしました。

河原林少尉戦死の碑から数十メートルの所ですから、
彼の死地であるかもしれませんし、彼と戦った薩軍(西郷軍)の墓所かもしれません。

西南の役とは関係のない場所の可能性だってありますが、
弔う気持ちに違いはありません。


広島研修

2013年8月8日(木曜日) @ 16時45分56秒

弊社花卉部で広島研修です。

広島研修

仕事を午前中で切り上げて、新幹線で広島へ

夕方には広島着。
新幹線は早い!
今回は、取引先まわりですので、取引先の写真は企業秘密☆

当然、話題は食べ物になります。
広島駅で食べた広島のお好み焼き・・・の皿、
カープソースっていうのがスゴイ。

広島研修

広島研修

最後は世界遺産へ
なかなか忙しい1日+半日でした。


種苗会社研修

2013年7月19日(金曜日) @ 14時54分36秒

ちょっと報告が遅くなりました。
社員5名で、6月末に関西の種苗会社の研修がありました。

種苗会社研修
ちょっとベタだけど大阪の街にて・・・

ちゃんと種苗会社の見学もしましたが
なぜか映像がありません!

種苗会社研修
取引先の六覺燈さんにおみやげ。

このあと六覺燈さんでおいしいワインとお食事。
さすがミシュランガイド京都・大阪に載る店は凄い!!


本年導入車両

2013年5月15日(水曜日) @ 11時44分09秒

本年導入車両

今年から導入の3.5トン車。
ロングボディートラックはすべて2トン→3トンの更新が終了しております。
今年から3トン→3.5トンのアップを図ります。

本年導入車両

ロングホディートラックも一昨年から、幌はシルバーです。

本年導入車両

積載量3.5トン、燃費向上も期待しております。


鮮度管理

2013年5月10日(金曜日) @ 16時27分39秒

鮮度管理

昨年導入の車両ですが、保冷3.5トン車です。
鮮度を保つためには、遠隔地では保冷車が欠かせません。
長崎南集配センターに配置しております。

鮮度管理

冷蔵機。
蓄電式で、アイドリングしなくても一定時間は保冷機能があるそうです。
エコですね。

重い冷蔵機が載っていても、3.5トンの積載量を確保しています。ひょっとして4トンの冷蔵車より使いでがあるかも。

鮮度管理

保冷機の電源を入れると、こんな感じ。
いまの季節(春)は保冷機能は使いませんけど・・・


車両更新

2013年5月7日(火曜日) @ 17時09分43秒

車両更新

本年購入車両と旧型車両です。
ショートボディー車は、順次1.5トン → 2トンに更新しています。過積載はさせません!
新型車両は燃費も向上しています。

毎年10台〜15台のペースで新車を購入しています。
あと数台(上のペースだと1年間くらい)で1.5トン車はなくなります。

車両更新

一昨年導入車から、幌はシルバーに変えています。
夏の日差しによる高温をやわらげる為です。


相談室はじめました

2013年4月30日(火曜日) @ 15時58分38秒

相談室はじめました
社内(社員)用、相談室を開設いたしました。

社内相談室を設置いたしました。
コンプライアンス通報、家庭内相談、倫理相談など
社員・パートタイム社員にかかわらず、当社と何らかのかかわりがある方の相談を受け付けます。
独立した機関ですので、通報・相談者のプライバシーは保護され、通報・相談によって不利益をこうむることはありません。
(故意に誤った情報を伝えた場合、法に違反する目的の場合を除く)

相談室はじめました
入口はこんな感じ。
社員なら場所はすぐに判りますよね。
ちょっと奥まった場所ですが、プライバシーの保護の為です。


ウイング!

2013年4月15日(月曜日) @ 13時54分07秒

3.5トンウイングトラック

昨年から稼働している3.5トンウイングトラックです。
フォークリフト、パレットで積み下ろしが出来るので、ドライバーの負担が減ります。

活躍する場所は限られますが、今年も増車予定です。

下の写真はウイング開閉スイッチとバックモニター。

4トントラックを含めて、パネルトラックには全部バックモニター装備、
モニターにはTVの機能はないそうです・・・残念。

3.5トンウイングトラック

3.5トンウイングトラック


無極灯???

2013年4月11日(木曜日) @ 15時44分22秒


LED照明と無極灯です。
もちろん右が無極灯です。


ライトを消すとこんな感じ。水銀灯と違って、すぐ点けたり消したりができます。

水銀灯400w=無極灯200wの明るさだそうで、省エネに新技術をどんどん導入中です!


新規導入!

2013年4月5日(金曜日) @ 13時15分30秒

昨年から、新型車両が続々と登場しております。
まずは一番大きなトラック
トラック
4トン車です。今回は2台導入。これで急ぎの集荷も大丈夫?

もちろん美味果菜®、良果菜®のロゴもしっかり入っております。

トラック

トラック


遅くなりました!

2011年10月3日(月曜日) @ 10時29分39秒

結婚報告です。

ちょっと前になりますが、4月23日長崎南集配センター営業「吉田友広」君と本社事務「森本知世」さんが、結婚しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また8月13日には、本社営業「岡本憲幸」君「ゆかり」さんも、めでたくゴールインしました。

二組ともまだ若いですが、「幸せいっぱい」笑顔を見せてくれました。

家庭に仕事に、これからも頑張ってください。


ねんりんピック!

2011年9月14日(水曜日) @ 10時14分23秒

平成23年10月15日から「ねんりんピック2011熊本」が開催されます。

植木町は「弓道交流大会」の会場となり、山田青果市場も協賛しています。

大先輩達に負けないよう、我々も見習って頑張らないといけませんね。

詳細は「ねんりんピック2011(ふれ愛)熊本」ホームページをご覧ください。


成人式

2011年1月11日(火曜日) @ 19時03分44秒

明けましておめでとうございます。

山田青果に入社して、もう直ぐ2年が経つ事務員の東です。

当分こないと思っていた「成人式」・・・とうとうやってきました。

早いですね、「あっ!」という間にくるんですね。

まだまだ子供な私・・・ちゃんと「大人」になれるんでしょうか・・・(笑)

      

          

 


明けましておめでとうございます

2011年1月5日(水曜日) @ 19時04分00秒

寒さ厳しきおりから、皆様には益々ご健勝のほどお喜び申し上げます。

また平素は格別なお付き合いを賜り厚く御礼申し上げます。

年末年始と熊本では珍しい雪に見舞われ、帰省・行楽に足止めをくらった方も多かったと思います。

南国九州と思えぬ寒さ、初めて見る「氷柱」・・・どうも昨年からの異常気象がまだ続いているようです。

体調崩しやすい気候です、どうか御体に気を付けてお過ごし下さい。

弊社も2月に新売場・新事務所が完成します(予定)、益々の御厚情賜りますようお願い申し上げます。

 

        

         新事務所完成予想図


タキイ研究農場を視察して

2010年11月23日(火曜日) @ 10時57分32秒

 11月12日に当社社員5名で、滋賀県にある「タキイ研究農場」の視察に行って参りました。

先ず農場に着き、最初に感じたのは、この施設の広さだ。

70ヘクタール(東京ドーム 4.7ヘクタール 約ドーム15個分)と聞き、「流石!業界No1」と驚いた。

その農場には「果菜類」「葉菜類」「根菜類」「草花」と各分野に分かれており、その分野ごとに新品種や抵抗性品種などが栽培されていた。

現在、生産者を悩ましている問題も、近い将来解決されるのではないかとこれらを見て思った。

とても勉強になり、貴重な体験が出来たと思う。

                                         清田 一輝

       

       


行ってきました!

2010年11月19日(金曜日) @ 19時55分43秒

 私が山田青果に入社して、早くも四年が経ちました。

二年目の冬から商事部に配属になり、市場業務とまた別の仕事をするようになりました。

先日、滋賀・大阪の出張に行き、商事部でお取引頂いている大阪の「六覺鐙」さんの所に御挨拶に伺って参りました。

「六覺鐙」さんには、大根や胡瓜,キャベツ、ミニトマトなどの野菜を注文して頂き、様々な料理、デザートに使用してもらっています。

その!「六覺鐙」さんのお店に行き、料理を食べてきました!ビックリする程美味しかったです。

今まで電話でしかお話しする事が無かった方々と直接話をしたり、当社からお送りしている野菜が料理として出てくるのを見てきて、今まで以上に良い野菜をご紹介し、わざわざ遠い熊本までご注文を頂いている事に感謝しなければいけないと、改めて思いました。

                                         大西 結花

       

         いつもお世話になっている「勝男」様、これからも宜しくお願いします

       

        左から 佐方、坂田主任、清田係長、そして私。 道頓堀 戎橋にて。


山田青果卸売市場に入社して

2010年11月15日(月曜日) @ 12時59分40秒

 初めまして、私は塚本といいます。

私が山田青果卸売市場に入社して、今月で5ヵ月が経ちます。

入社して今まで色々な産地に行かせていただき、初めは分からない事も多く、体力的にも大変でしたが少しずつ慣れ始めました。

今私は、菊池に行かせていただいてます。

まだまだ未熟者ですが、これから少しずつ先輩方や、生産者の方々とコミニュケーションをはかり、野菜・果実などの知識を身に付けていける様、一生懸命頑張っていきたいと思います。

                                         塚本 裕士

 


おはようございます!

2010年11月14日(日曜日) @ 20時48分39秒

 入社四ヶ月の新入社員です。 

上司の方々には優しく、たまに厳しく、手取り足取り御指導頂いております。

集荷・配達・セリと、初めての職種でバタバタと空回りすることもよくあり・・・出来るだけ丁寧にと心掛けているのですが、ミスも度々出しております。

生産者の皆さんはとても優しく、野菜の作り方や見分け方、時には普段の笑い話などとても楽しく伺わせて頂いてます。

野菜の良し悪し、また旬の時期とか初めて知ることの方が多くてご迷惑をかけておりますが、早く知識を身に付けて「あんたなら、まかせられるばい!」と言われるような社員になれるようにガンバリます。

                                         犬童 数夫


山田青果卸売市場に入社して

2010年11月11日(木曜日) @ 20時09分14秒

 今年の七月に山田青果に入社して、四ヶ月目になりました。

今までは工場、警備業といった職場で仕事しており、今とは全く違った仕事内容だったので、入社してから暫く仕事にも、トラックの運転にも慣れずに苦労していました。

けれども、先輩方の親切な指導のおかげで、今では仕事も、トラックの運転にも随分慣れてきたので、スムーズに集荷して回れるようになりました。

入社してから、先ず梨の集荷をしていて、今はミカンの集荷を主に行っていますが、昔は「梨は梨」「ミカンはミカン」と一括りにしていたけれど、それぞれに沢山の品種があることを学びました。

夏の一番暑い時期に入社し、これからは冬の厳しい寒さとの戦いになりますが、生産者の方々や先輩方に色々な事を学び、早く一人前になれる様に精一杯努力して頑張ります。

                                         永田 雄貴


山田青果に入社して。

2010年11月10日(水曜日) @ 10時39分45秒

 山田青果に入社してもうすぐ一年が経ちます。

前職は工場で働いていた為、入社して直ぐは「農業」や「市場」の事が分からない事ばかりで、生産者とも話しがうまくいかず、慣れないせいもあり、先輩方にも迷惑ばかりかけていました。

この一年で色々な産地に行き、沢山の生産者の方とお話ができ、野菜作りに込める思いや、苦労話などを伺い、普段自分が食べている野菜や果物の「大切さ」を感じました。

今後、もっと野菜や果物の事を勉強して、生産者の方々に頼られるような「営業マン」になりたいと思います

                                         川野 浩平


 
(C) 2005 Yamada Seikaorosiuri Ichiba KK. All rights reserved.